ここから本文です

健康寿命日本一へ 野菜の摂取を呼びかけ/富山

チューリップテレビ 6月3日(金)9時33分配信

健康寿命日本一を目指し、野菜を積極的に食べるよう呼びかけるイベントが射水市で行われました。

 これは県とアルビスが健康寿命を伸ばすための啓発イベントとして行ったものです。

 2日は射水市の食生活改善推進員がスーパーを訪れた人にチラシを配り野菜をあと一皿プラスして食べるよう呼びかけました。

 県内で生活習慣病が原因で亡くなる人は死者全体の51・4パーセントと半数を超えています。

 また、成人が1日に必要な野菜の摂取量は350グラムと言われていますが、県民の摂取量の平均は294・9グラムと不足しています。

 また、店頭では野菜の摂取を促すパッケージが施された野菜ジュースも販売され生活習慣の改善を呼びかけました。

チューリップテレビ

最終更新:6月3日(金)9時33分

チューリップテレビ