ここから本文です

のぞき常習の元巡査長に猶予刑 千葉地裁 裁判官「ストレス発散方法はいくらでもある」

千葉日報オンライン 6月3日(金)14時29分配信

 のぞき目的で女性宅の敷地内に侵入したとして、邸宅侵入の罪に問われた元県警第3機動隊巡査長でアルバイト、橘亮造被告(31)=成田市=に対し、千葉地裁(高橋正幸裁判官)は2日、懲役1年、執行猶予3年(求刑・懲役1年)の有罪判決を言い渡した。

 高橋裁判官は「当時警察官であったにも関わらず、5回にわたり侵入した。自己の性欲を満たすという動機も身勝手。ストレスを発散する方法はいくらでもある」などと、量刑の理由を述べた。

 判決によると、橘被告は女性の姿をのぞき見するなどの目的で昨年9~11月、5回にわたり酒々井町内のアパート敷地内や廊下に侵入した。

最終更新:6月3日(金)14時29分

千葉日報オンライン