ここから本文です

アジカン、「RockCorps」に出演 ゴッチ「とても嬉しいです」

MusicVoice 6月3日(金)5時30分配信

 ロックバンドASIAN KUNG-FU GENERATION(アジアン・カンフー・ジェネレーション、以下アジカン)が、9月3日に福島・あづま総合体育館で開催する「RockCorps supported by JT 2016」のセレブレーション(ライブイベント)に出演する。アジカンの後藤正文(Vo&Gt)は「参加できてとても嬉しいです」とコメントした。

 同イベントは3年連続3回目の開催となる。4時間のボランティア活動をすると参加者は、アーティストの音楽イベント“セレブレーション”に参加することができるというもの。これまでに公式アンバサダー兼アーティストとして元AKB48の高橋みなみ(25)と海外よりカーリー・レイ・ジェプセン(30)の出演が発表されていた。

 後藤は「浪人生のときに借りたいくつかのレコードによって、僕の人生は変わりました。貸してくれた彼は福島県出身でした。そんなわけで、僕のロックンロールは福島と静岡のミックスなんです。今回はこのようなイベントに参加できてとても嬉しいです」とコメントした。

 アジカンは1996年結成。今年で結成20周年を迎える。これまでに8枚のオリジナル・アルバムをはじめ、企画盤など多くの作品をリリースしている。2015年5月には、ロサンゼルスでレコーディングしたアルバム『Wonder Future』を発表。その後30公演の全国ホールツアーに加え、ヨーロッパ・南米7カ国海外ツアーも敢行した。後藤が描くリアルな焦燥感、絶望さえ推進力に昇華する圧倒的なエモーション、勢いだけにとどまらない「日本語で鳴らすロック」でミュージックシーンを牽引し続け、世代を超えた絶大な支持を得ている。

 結成20周年イヤーとなる今年は、映画『ピンクとグレー』の主題歌「Right Now」、アニメ『僕だけがいない街』のOPテーマ「Re:Re:」の発売に続き、7月13日には5月からテレビ東京系アニメ『NARUTO-ナルト-疾風伝』のOPテーマ曲としてO.A.がスタートする新曲「ブラッドサーキュレーター」の発売も決定。さらに年末12月から017年の年明けにかけて、20周年イヤーを締めくくる日本武道館2Daysを含む全7公演の全国アリーナツアーを開催する。

最終更新:6月3日(金)5時30分

MusicVoice