ここから本文です

「自由気ままに人生を楽しむ」Airbnb, Instagramらが変えるライフスタイル【from サンフランシスコ】

SENSORS 6月3日(金)17時0分配信

YOLO (You Only Live Once)、モバイルアプリやシェアリングエコノミーを活用し自由気ままに一度しかない人生を楽しい体験重視で過ごす生き方がサンフランシスコでは当たり前のようになりつつある。サンフランシスコの起業家、デザイン、生き方を我々に届けてくれるbtraxブログで話題になった『しばらくはAirbnbか彼女の家で』にbtrax CEOのBrandon K. Hill氏が特別メッセージを新たに加え、SENSORSに寄稿してくれた。

インターネットが一般的に利用されはじめて約20年ちょっと。スマホが普及し始めて数年。この社会的インフラが人々の生活に大きな変化を生み出している。スタートアップの聖地であり、世界の中でも最も一般ユーザーによるテクノロジーの活用が進んでいるサンフランシスコでは、ここ数年で人々の働き方と生活スタイルに大きな変化が訪れている。UberやAirbnbなどに代表されるシェアリングエコノミーや、オンデマンド型サービスを活用する事で,今まででは考えられなかったライフスタイルの実現も可能だ。

今回紹介するのは、先週金曜日の夕方に友人と市内のバーでのやり取りの一コマ。金曜日の夕方のハッピーアワーには地元の人が集まり、週末のプランや今ハマっている事などで盛り上がる。何度かのキャリアチェンジと引っ越しを繰り返したRyanとのキャッチアップの様子を紹介する。

しばらくはAirbnbか彼女の家で

サンフランシスコに住む友達のRyanと飲んでる時に彼が一言。「今住んでるところ出なければいけないみたい。そんなに心配してないよ。しばらくはAirbnbか何人かの彼女の家にでも住んでChillするから。」
この発言はまさに現代の生活を表している。楽観的、所有しない、一つの場所に縛られない、はサンフランシスコを中心に若者達に広がり始めているライフスタイルである。
ポトレロというサンフランシスコの南側に位置する丘の小さな家を借りている彼は、大家が家を売るので60日以内に退去を命じられ、30日で出て行く代わりに$15,000を受け取る事になった。不動産が高騰しているこの街では珍しくも無いストーリー。 スタートアップや投資会社を幾つか転職した後、彼は世界の起業家をまとめ投資家と繋げる団体で働いている。それでも、大きな額のファンディングに成功し、数ヶ月後には報酬が大幅に増える見込み。

金曜日の夕方5時頃にバーに集まる人々。座席が無い程ごった返すパティオ。各テーブルには様々な種類のビールのピッチャーが置かれている。
カリフォルニアの太陽の下で人生の喜びを体現したような光景に


「平日なのにこんな時間から飲んで誰も仕事してないのかな?」 と聞くと彼は
「LAなんかだと水曜の夕方から飲んでるよ。」
「何故そんな事が出来るの?」
「Making-money-while-not-working (働かなくても入ってくる収入)って事」
「どうやって?」
「Instagramのフォロワーをめっちゃ増やすとか」

1/2ページ

最終更新:6月3日(金)17時0分

SENSORS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]