ここから本文です

前年優勝の国枝/リードが決勝進出 [全仏テニス・車いすの部]

THE TENNIS DAILY 6月3日(金)2時41分配信

「全仏オープン」(フランス・パリ/本戦5月22日~6月5日/クレーコート)の車いすの部の男子ダブルス1回戦で、第2シードの国枝慎吾(ユニクロ)/ゴードン・リード(イギリス)がグスタボ・フェルナンデス(アルゼンチン)/ヨアキム・ジェラード(ベルギー)を6-2 6-3で下して決勝進出を果たした。

 車いすテニスは男女シングルス8ドロー、ダブルス4ドローで争われる。

 昨年の大会は、男子シングルスで国枝が2年連続6度目の優勝、女子シングルスはイスケ・グリフィオン(オランダ)が初タイトルを獲得。ダブルスでは国枝がリードと、グリフィオンはアニエク・ファンクォト(オランダ)とのペアで優勝を飾った。

 国枝/リードは決勝で、第1シードのステファン・ウッデ/ニコラ・ペイファー(ともにフランス)とミシェル・ジェレマス(フランス)/ステファン・オルソン(スウェーデン)の勝者と対戦する。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:6月3日(金)2時41分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]