ここから本文です

バルス仏首相、洪水被災地を訪問

AFPBB News 6月3日(金)10時36分配信

(c)AFPBB News

【6月3日 AFP】フランスのマニュエル・バルス(Manuel Valls)首相は2日、パリの南約80キロの、ロワン(Loing)川の氾濫で住民が避難を余儀なくされたヌムール(Nemours)を視察した。

 ヌムールのとある労働者は「この町で60年暮らしているが、いままでこんなものは見たことがない。町の中心部は完全に水没した。どの店も使いものにならなくなった」と語った。

 ヌムールに近いロワレ(Loiret)県では、平均降水量の6週間分に相当する雨が3日間で降った。(c)AFPBB News

最終更新:6月3日(金)11時21分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。