ここから本文です

舞台『ハリー・ポッターと呪われた子ども』のキャスト写真が初公開!

ELLE ONLINE 6月3日(金)20時20分配信

世界中で大旋風を巻き起こした「ハリー・ポッター」シリーズの第7巻『ハリーポッターと死の秘宝』から19年後を描いた最新作『ハリー・ポッターと呪われた子ども』。シリーズ初となる舞台のプレビュー公演が、6月7日からロンドンのパレスシアターで行えるのに先駆け、キャストのオフィシャル写真が公開!

宿敵ヴォルデモートとの戦いが終わり、平和が訪れた19年後の魔法界で暮らす37歳になったハリー(ジェイミー・パーカー)。魔法省に勤めるハリーはローブではなく、スーツに身を包み、すっかり大人の男性に! でも、額にある有名な稲妻の傷あとと丸縁のメガネはそのまま。

ハリーと結婚したジニー・ポッター(ポピー・ミラー)は、作者のJ.K.ローリング曰く「多くの人がポピー演じるジニーをお母さんに望むでしょうね。優しくて、かっこよく、私が思い描いた通り」だそう。

ハリーの恩師ダンブルドアとスネイプのファーストネームから名付けられ次男アルバス・セブルス・ポッター(サム・クレメット)。舞台で着用するホグワーツのローブは長男ジェームズ・シリウスのお下がりという設定で、アルバスは不満に思っているんだとか。

そして、ダフネ・グリーングラスの妹アステリアと結婚したドラコ・マルフォイ(アレックス・プライス)と息子スコーピウス・ヒュペリオン(アンソニー・ボイル)の姿も公開に!

「ドラコもスコーピウスも大好きよ。彼らは本当にそっくりね!」とJ.K.ローリングも絶賛するほど似ている親子。

ちなみに、ホグワーツでアルバス・セブルス・ポッターとスコーピウス・ヒュペリオン・マルフォイ、そしてローズ・ウィーズリーは同学年。ローズの両親、ロン・ウィーズリーとハーマイオニー・グレンジャーの19年後の姿が解禁されるのが待ち遠しい!

from ELLEgirl

最終更新:6月3日(金)20時20分

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。