ここから本文です

ティームが友人ゴファンを破り、初の準決勝進出 [全仏テニス]

THE TENNIS DAILY 6月3日(金)13時22分配信

 フランス・パリで行われている全仏オープン(5月22日~6月5日)の大会12日目。

 男子シングルス準々決勝で、友人であるダビド・ゴファン(ベルギー)に対してプレッシャー下に置かれた22歳のドミニク・ティーム(オーストリア)は、敗北に備えて身構えていた。

22歳のティームがジョコビッチとの準決勝へ [全仏オープン]

 第12シードのゴファンは第1セットを取り、そして第2セットのタイブレークでも7-6とセットポイントを取った。

「彼のほうが僕を圧倒していたから、第2セットでの僕は自分がこの試合に勝つと思っていたわけではなかった」と第13シードのティームは振り返る。「彼がすごくいいリターンを返してくるので、何をすべきかわからなかった。彼はまったくミスをおかさなかった」。

 ところがティームはゴファンの攻撃に耐えてセットポイントを凌ぐと、強烈なフォアハンドのダウン・ザ・ラインで逆にセットポイントをつかみ、ゴファンのミスが続いてそのタイブレークを奪取する。

 ティームは第3セットでも2-4とリードを奪われるもそこから挽回することに成功し、4-6 7-6(7) 6-4 6-1で勝利をつかんで初のグランドスラムの準決勝に進出した。

「ちょっぴり非現実的だ」とティームは言う。彼は準決勝で、グランドスラムの優勝11回のノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。

「信じられないくらい、タフな試合になるだろう」とティーム。「彼は、ほかのすべての選手と比べて少し違うレベルにいると思うよ」。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

最終更新:6月3日(金)13時22分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。