ここから本文です

【MLB】田澤純一、2被弾で降板 同点の7回にマチャドに一発浴びる

Full-Count 6月3日(金)11時51分配信

田澤は今季最多3失点、レッドソックスここ2試合25失点で連敗

 レッドソックス田澤純一投手が、2日(日本時間3日)に敵地でのオリオールズ戦に登板した。負けこそつかなかったが、マチャドとアルバレスに2被弾。1回を投げて2安打1四球2奪三振3失点(自責3)で、防御率は3.43となった。

イチロー、世界一の安打製造機へ MLB歴代通算安打数ランキング

 5-5の同点で迎えた7回2死一、二塁の場面で、2番手ロスからマウンドを受け継いだ田澤。打席に迎えたのは、強打のマチャド。1ストライクからの2球目スプリットを左翼席に運ばれ、3点の勝ち越しを許してしまった。

 再びマウンドに戻った8回は、1死からアルバレスにソロ弾を右翼席にたたき込まれてしまう。続くスクープを四球で歩かせると、次打者フラハティを空振り三振に仕留める間に二盗され、リズムがつかみきれないままにマウンドを降りた。

 結局、7回に田澤が浴びた3ランから、レッドソックスは2イニングで7失点し、7-12で敗戦。同じく敗れた前日と合わせると、合計25失点している。地区2位オリオールズに2連敗したことで、1ゲーム差まで詰め寄られた。

 今季23試合目の登板となった田澤だが、失点したのは4試合だけ。3失点は今季最多失点だった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月3日(金)11時51分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]