ここから本文です

参院選にむけ県警本部 「選挙違反の取り締まり徹底を」/富山

チューリップテレビ 6月3日(金)14時13分配信

 今月22日に公示される参議院選挙にむけて、県警察本部が各警察署の署長に対し、悪質な選挙違反を徹底的に取り締まるよう指示しました。

 3日開かれた選挙違反取り締まり会議には、県内15の警察署の署長らおよそ90人が出席し、県警察本部の伊藤泰充本部長が、「悪質な選挙違反は徹底的に取り締まるように」と訓示しました。

 県警によりますと、選挙違反の取締本部を設置した2日までに、県内では、文書掲示違反などで10件の警告が出されています。

 今回の参院選は、選挙権年齢が『18歳以上』に引き下げられ、初めて選挙に参加する若者もいることから、県警では、各陣営による若者を対象とした運動がより活発になると予想していて、捜査員およそ1400人体制で取り締まりにあたります。

 参院選は今月22日に公示され、投票日は来月10日で即日開票されます。

チューリップテレビ

最終更新:6月3日(金)14時13分

チューリップテレビ