ここから本文です

泥沼不倫ドラマ「不機嫌な果実」栗山千明のウェディングドレス姿に「ネタバレ?」「気になる」の声。主題歌も来週リリース

E-TALENTBANK 6月3日(金)22時0分配信

現在、毎週金曜日に放送されている、栗山千明主演ドラマ「不機嫌な果実」。

日本中を席巻した、林真理子の傑作不倫小説『不機嫌な果実』が約20年ぶりに連続ドラマとなってよみがえった同ドラマ。結婚して5年、夫から女として見てもらえなくなり、不満を募らせる主人公・麻也子を栗山千明が熱演。人妻と知りながらも情熱的に求めてくる、市原隼人演じる通彦と、どこまでも濃厚かつスリリングな泥沼恋愛劇を繰り広げており、回を追うごとに大きな話題となっている。

前回放送された第5話で、麻也子(栗山千明)はいつの間にか、情熱的でまっすぐな通彦(市原隼人)に心惹かれ、突き動かされるように“禁断の一線”を越えてしまう。そして、秋から海外へ留学するという通彦にプロポーズされた麻也子は、夫・航一(稲垣吾郎)に離婚話を切り出す…というストーリー展開を見せる同ドラマ。

本日、同ドラマのクランクアップが伝えられ、それと一緒に栗山千明の最終話の撮影の様子とされる、ウェディングドレス姿も公開されたことが話題になっている。今のドラマの泥沼の状況から、視聴者からはTwitterで「ウエディングドレス?!どーゆーこと?」「これってネタバレなのかな?でもとてもお綺麗」「気になるわー」などの声が上がっており、この先の展開が気になるところだ。

そして、このドラマの主題歌『マディウォーター』を歌う斉藤和義が、6月8日にニューシングルをリリースする。自身通算45枚目となるシングルは、同ドラマ主題歌として書き下ろした『マディウォーター』と、昨年リリースしたアルバム『風の果てまで』制作時に、チャーリー・ドレイトン(Dr)、ダリル・ジョーンズ(B)、マニー・マーク(Org)をむかえてロサンゼルスでレコーディングした新曲「Call me Now」を収録。

そして2015年11月よりスタートしたKAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2015-2016“風の果てまで”の中で、日替わりに行われている弾き語りコーナーで披露された「月光」(2016年2月21日横須賀芸術劇場)と「ワッフル ワンダフル」(2月24日なら100年会館)の2曲のライブ音源を含めた全4曲収録。さらに、初回限定盤には和歌山、福岡、倉敷、帯広、中標津で演奏された弾き語りのライブテイクが5曲収録された特典DISC付となる。

最終更新:6月3日(金)22時0分

E-TALENTBANK