ここから本文です

【MLB】走攻守で魅せたイチローに称賛の嵐「史上最高」「時計を巻き戻した」

Full-Count 6月3日(金)14時25分配信

今季8度目マルチで歴代安打数は単独31位浮上、日米700盗塁にも到達

 マーリンズのイチロー外野手が2日(日本時間3日)の本拠地パイレーツ戦で2試合ぶりにスタメン出場し、走攻守で大車輪の活躍を見せた。今季8度目のマルチ安打を放つと、守備では満塁のピンチを救う好守を披露。さらに今季3個目の盗塁を成功させ、日米通算700盗塁に到達した42歳について、球団や地元番記者などは公式ツイッターで「史上最高」「時計を巻き戻した」と絶賛。SNSはイチロー祭りとなった。マーリンズは延長12回に4-3とサヨナラ勝ちし、3連勝を飾った。

イチロー、世界一の安打製造機へ MLB歴代通算安打数ランキング

「1番・センター」で先発した42歳が魅せた。初回の第1打席は相手先発右腕ニカシオの前にセカンドゴロに倒れたが、直後の2回の守備では2死満塁の大ピンチで右中間への浅いライナーに華麗なスライディングキャッチを見せる。

 すると、マーリンズ公式ツイッターは「彼はまだ健在だ! イチローが美しいスライディングキャッチで、2回の危機を乗り切る」と速報。地元テレビ局「FOXスポーツ・フロリダ」のアナウンサー、クレイグ・ミネルビーニ氏はツイッターで「何てスライディングキャッチだ! 未来の殿堂入り選手、イチローが満塁で2、3失点を救った」とレポートした。MLB公式ツイッターも「止まらない、イチロー」とこの美技を動画を紹介した。

 1点リードで迎えた3回先頭の第2打席ではショート後方に落ちる安打を記録。これで球団発表の記録でサム・クロフォードの2963安打を抜いて歴代単独31位に浮上すると、ミネルビーニ氏は「MLB公式とは異なるけれど、イチロー(知らない人へ、未来の殿堂入り選手です)は2964安打で31位に」と速報した。

フェンスぎりぎりの好捕には「凄まじいジャンピングキャッチ」

 4回の守備では無死走者なしから4番・姜正浩の大飛球をフェンスぎりぎりでスーパーキャッチ。すると球団公式ツイッターは「またか? イチローが4回に凄まじいジャンピングキャッチで長打を阻む!」と絶賛。ピッツバーグ・トリビューン紙のロブ・ビーテンプフェル記者はツイッターで「イチロー、再び」とレポートした。

 その裏の第3打席では左中間への二塁打を放ち、今季8度目のマルチ安打をマーク。MLB公式サイトの番記者ジョー・フリサロ氏は「イチロー、再び。3000本まであと35本。マーリンズの外野手は時計を巻き戻している」と42歳の大活躍に脱帽していた。

 1点差に迫られた7回先頭の第4打席では鋭いゴロを放つと、一塁手がトンネル。これには相手のエラーが記録されたが、1死後に二盗を成功させた。これで日米通算700盗塁(MLB501盗塁、NPB199盗塁)に到達。日本人の700盗塁は福本豊氏の1065盗塁に次いで史上2人目の偉業となった。

 マーリンズの公式ツイッターも日米700盗塁を「GOAT(史上最高)」とハッシュタグで称えた。イチローはこの日、5打数2安打1四球1得点1盗塁で打率.323に。獅子奮迅の活躍を見せた42歳は称賛の嵐に包まれた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月3日(金)14時25分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。