ここから本文です

ムグルッサが初の準決勝の舞台へ、相手はストーサー [全仏テニス]

THE TENNIS DAILY 6月3日(金)19時30分配信

 フランス・パリで開催されている全仏オープン(5月22日~6月5日)の大会13日目は、まもなく女子シングルス準決勝が行われる。

ストーサーが4年ぶりのグランドスラム準決勝へ、今夜ムグルッサと対戦 [全仏オープン]

 初めて全仏の準決勝に進出した第4シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)は神経をなだめるため、昨年ウィンブルドンの決勝を戦ったときの経験を活かすだろう。

「常にちょっとしたストレスはあるわ」とムグルッサ。「でもウィンブルドンですでにその状況を経験しているから、ものを違う形で見られるようになった。何をしなければならないかもわかっている」。

 過去2年のロラン・ギャロスは準々決勝で敗れた22歳のムグルッサは、今年、シェルビー・ロジャーズ(アメリカ)を7-5 6-3で破ってそのハードルを乗り越えた。

 ムグルッサはまもなく第21シードのサマンサ・ストーサー(オーストラリア)と準決勝を戦うことになるが、その前に、心から邪念を取り除くことに集中している。

 一方、ストーサーは、ロラン・ギャロス4度目の準決勝を戦うことになる。2010年には決勝まで勝ち進んだ。

「グランドスラムの準決勝に進出したときに、心の平穏を維持するっていうのはとても難しいわ」とムルグッサ。「余計なことを考えないようにしないとね」。

 ライムライトから離れていることのほうを好むムグルッサにとって、メディアと話すことは、注意を散漫にさせる邪魔なものでもあり得るようだ。

「インタビューではたくさんの質問に答えなきゃならないから、自分を隔離するようにしているの」とムグルッサ。「私自身は繭(まゆ)の中にこもっていたいのよ…」。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

最終更新:6月3日(金)19時30分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。