ここから本文です

ティエム 「違う次元」のジョコビッチ戦に挑む<男子テニス>

tennis365.net 6月3日(金)16時58分配信

全仏オープン

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は大会12日目の2日、男子シングルス準々決勝が行われ、第13シードのD・ティエム(オーストリア)が第12シードのD・ゴファン(ベルギー)を4-6, 7-6 (9-7), 6-4, 6-1の逆転で下し、グランドスラム初の準決勝進出を決めた。

第1セットをゴファンに奪われたティエムは、第2セットのタイブレークでもゴファンにセットポイントを握られていた。

「第2セットでは、この試合に勝てるとは思っていなかった。なぜならそこまでは彼(ゴファン)に主導権を握られていたから。彼のリターンはとても良かったから、どうしたら良いか分からなかった。ミスもほとんどしていなかった。」とティエムは振り返っていた。

第3セットもゲームカウント2ー4とリードされていたティエムは、そこから挽回し流れを掴むと、その後はゴファンに反撃を許さず、グランドスラムで自身初となるベスト4入りを果たした。

「現実だとは思えない」と喜びを語るティエムは、準決勝では第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。

「考えられないくらいタフな試合になると思う。彼(ジョコビッチ)は今、他の選手とは違う次元にいると感じている。」とジョコビッチとの対戦について語っていた。

ジョコビッチはこの日行われた準々決勝で第7シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)を6-3, 7-5, 6-3のストレートで下した。この勝利でジョコビッチはグランドスラムで30度目の準決勝進出となった。これはオープン化以降、R・フェデラー(スイス)の39度、J・コナーズ(アメリカ)の31度に次ぐ記録となる。

(STATS - AP)

tennis365.net

最終更新:6月3日(金)16時58分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]