ここから本文です

【MLB】走攻守で大活躍のレジェンドをマ軍監督も絶賛「典型的なイチロー」

Full-Count 6月3日(金)16時25分配信

歴代単独31位の通算2965安打、日米通算700盗塁と記録づくめの夜

 マーリンズのイチロー外野手が、2日(日本時間3日)に本拠地でのパイレーツ戦に「1番・中堅」で先発し、走攻守で大活躍を見せた。5打数2安打でメジャー通算は2965安打となり、歴代単独31位に浮上。さらに、7回には今季3個目の盗塁を成功させて日米通算700盗塁に到達すると、守備ではスーパーキャッチを2度披露した。ドン・マッティングリー監督も「典型的なイチロー」と大車輪の活躍を絶賛した。地元テレビ局「FOXスポーツフロリダ」が伝えている。

イチロー、世界一の安打製造機へ MLB歴代通算安打数ランキング

 延長12回の死闘を制した記者会見でイチローについての質問を受けた指揮官は、穏やかな表情を浮かべた。

「イチは……、典型的なイチローだった。今日はいろいろあったな。2安打、センターでダイビングプレー、壁際でのキャッチ、本当にいい夜だった。イチローの良い面がたくさん見れたよ」

 イチローは3回に遊撃内野安打、4回にはセンターに二塁打を放ち、今季8度目のマルチ安打で打率3割2分3厘まで上げた。守っては、2回2死満塁のピンチで右中間へ飛んだ浅いライナーを快足スライディングキャッチ、4回にはフェンスギリギリの大飛球をジャンピングキャッチした。走塁でも快足を生かし、7回に二塁への盗塁を決め、日米通算700盗塁を達成した。

 走攻守にわたる大貢献は誰にもできることではないが、さも当たり前のことのように「典型的なイチロー」と言い切ったマッティングリー監督。指揮官のイチローへの信頼の厚さがにじんだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月3日(金)17時5分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]