ここから本文です

今や世界トップレベルのストライカーになったレヴァンドフスキ 少年時代に憧れた“伝説のストライカー“とは

theWORLD(ザ・ワールド) 6月3日(金)18時20分配信

レヴァンドフスキが憧れたのはフランス産のストライカー

ドルトムントでブレイクし、今や世界を代表するストライカーへと成長したバイエルン所属のポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキは、誰に憧れていたのだろうか。

英『METRO』によると、レヴァンドフスキが憧れていたのは元アーセナルFWティエリ・アンリだ。アンリはアーセナル、さらにはバルセロナでも活躍し、フランス代表としても数多くの成功を収めている伝説的なストライカーだ。スピードを活かしたプレイが魅力だったアンリとパワーを活かしたセンターフォワードらしいレヴァンドフスキにはプレイスタイルに違いがあるものの、レヴァンドフスキはアンリのプレイを見て育ったようだ。

レヴァンドフスキは「アンリは僕の好きな選手で、彼からインスピレーションを受けていたよ」とコメントしており、アンリのプレイがレヴァンドフスキの考え方に大きな影響を与えたのは間違いない。当時アンリがピークだった時にはレヴァンドフスキは15歳だったようで、15歳の少年にとってアンリのプレイは衝撃的なものに映ったことだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月3日(金)18時20分

theWORLD(ザ・ワールド)