ここから本文です

セレナがバーテンズを下して大会連覇に王手 [全仏テニス]

THE TENNIS DAILY 6月3日(金)22時3分配信

「全仏オープン」(フランス・パリ/本戦5月22日~6月5日/クレーコート)の女子シングルス準決勝で、第1シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)がノーシードから勝ち上がったキキ・バーテンズ(オランダ)を7-6(7) 6-4で倒して2年連続4度目の決勝進出を果たした。試合時間は1時間38分。

ムグルッサがストーサーを倒してグランドスラム2度目の決勝進出 [全仏オープン]

 セレナとバーテンズは昨年9月に全米オープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)の2回戦で初対戦しており、セレナが7-6(5) 6-3で勝っていた。

 全仏オープンには5年連続15回目の出場となるセレナ。昨年は決勝でルーシー・サファロバ(チェコ)を6-3 6-7(2) 6-2で破り、3度目の優勝を果たしている。

 セレナは決勝で、第4シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)と対戦する。ムグルッサは準決勝で、第21シードのサマンサ・ストーサー(オーストラリア)を6-2 6-4で下しての勝ち上がり。

 バーテンズは大会前週のニュルンベルク(WTAインターナショナル/クレーコート)で予選を勝ち上がり優勝を果たしており、この試合まで続いた連勝は12でストップした。今大会は1回戦で今年の全豪オープンを制した第3シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)、3回戦で第29シードのダリア・カサキナ(ロシア)、4回戦で第15シードのマディソン・キーズ(アメリカ)、準々決勝では第8シードのティメア・バシンスキー(スイス)を破っていた。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:PARIS, FRANCE - JUNE 03: Serena Williams of the United States of the United States hits a backhand during the Ladies Singles semi final match against Kiki Bertens of Netherlands on day thirteen of the 2016 French Open at Roland Garros on June 3, 2016 in Paris, France. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

最終更新:6月3日(金)23時46分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]