ここから本文です

巨人が今季初5連勝で首位広島に0.5差肉薄 交流戦は4連勝で首位キープ

Full-Count 6月3日(金)21時49分配信

菅野5勝目、澤村は最終回満塁ピンチ切り抜ける

 巨人は3日、本拠で日本ハムとの交流戦を戦い、5-4で逃げ切った。これで巨人は今季初の5連勝。交流戦も4連勝で首位キープ。セ・首位の広島が敗れたため、2位巨人とのゲーム差は0.5に縮まった。

 先制したのは巨人。1番の大田の二塁打からチャンスを作ると4番の長野が先制のタイムリー。1点の援護をもらったエースの菅野は危なげない投球を続け、日本ハム打線を封じ込んだ。

 追加点は5回。巨人はまたも大田のヒットなどで走者をためると、主将の坂本が12号3ランを左翼席上段へ。さらに村田のタイムリーで5点目。リードを広げた。

 菅野は7回に1点を失ったが、7回1失点の好投でお役御免。マウンドを降りた。しかし、ここから日本ハムが猛攻。8回、西川のタイムリー、レアードの3ランが飛び出し、試合は1点差で9回に入った。

 最終回は守護神・澤村。先頭打者を四球で出すなど、2死満塁のピンチを招いたが最後は粘る谷口を左飛に仕留めて、ゲームセット。菅野は5月5日以来の5勝目を挙げた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月3日(金)21時53分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)