ここから本文です

バルセロナ&セルタなどリーガの強豪4クラブが獲得狙う アトレティコFWビエットが大注目

theWORLD(ザ・ワールド) 6月3日(金)23時30分配信

資金捻出のためビエット放出の可能性

アトレティコ・マドリードに所属するアルゼンチン人FWルシアーノ・ビエットをリーガ・エスパニョーラの強豪4クラブが、来シーズンの補強にリストアップしているという。

バルセロナはMSNに変わる「第4のFW」として注目しており、バレンシアとセルタも同選手の獲得に関心を寄せている。また2014-15シーズンに所属したビジャレアルも同選手の復帰を狙っているという。スペイン『as』が伝えた。

現在22歳のビエットはラシン(アルゼンチン1部)の下部組織出身。当時ラシンの監督を務めていたディエゴ・シメオネのもと、2011年9月にトップチームデビューを果たし、2015-16シーズンにアトレティコ・マドリードに加入した。だがMFヤニック・フェレイラ・カラスコ、FWアンヘル・コレイアらとの厳しいポジション争いに敗れ、出場機会を逃していた。

さらに同紙はビエットとクラブが2021年まで契約を結んでいるものの、アトレティコは必要な資金を捻出するために売却する可能性もあると報じている。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月3日(金)23時30分

theWORLD(ザ・ワールド)