ここから本文です

来季もバトンの去就が焦点、「契約交渉を始めるには早すぎる」とマクラーレン

オートスポーツweb 6月3日(金)12時4分配信

 マクラーレン・ホンダは2017年のF1シーズンにおいて、フェルナンド・アロンソのチームメイト選定に関する協議を、まだ始めていないという。レーシング・ディレクターのエリック・ブーリエが、ドライバーについて発言した。 

ロン・デニス、バンドーン横どりを企む他チームを牽制

 フェラーリを離脱して2015年シーズンからチームと仕事をしてきたアロンソは、もう1シーズン契約が残っているのに対し、ジェンソン・バトンは今シーズン末で契約が終了する。マクラーレンは、リザーブドライバーを務めるストフェル・バンドーンの将来についても考慮する必要がある。バンドーンは2015年にGP2でチャンピオンに輝いた。今シーズンは開幕戦で負傷したアロンソに代わってバーレーンGPに出場してポイントを獲得。また、ホンダエンジンを搭載するDOCOMO TEAM DANDELION RACINGから日本のスーパーフォーミュラにも参戦しており、デビュー戦で表彰台に上がっている。

 バンドーンは最近「いくつかのチームが自分に感心を示している」と話した。それに対して、マクラーレン・グループCEOのロン・デニスは、モナコGPで他チームを牽制する発言をしている。将来のドライバーラインナップが確定しない現状が、チーム内に緊張をもたらすか否かと聞かれると、ブーリエは以下のように述べた。



「そんなことは、まったくない。我々は、どのドライバーとも話し合いを始めていない。早すぎる時期に協議を行うと、チーム内に動揺をもたらすことになる」

 ブーリエは契約の交渉を保留にして、ドライバーの集中力を保つことで最高のパフォーマンスを発揮させることも「競技の一部」だと言う。バトンはマクラーレンに在籍している2年間は、先々の契約が不確定な状況に置かれている。アロンソがマクラーレンに復帰した2015年、もうひとつのシートはバトンではなく、ルーキーとして成功を収めたマグヌッセンのものになるのではないかと噂された。また今シーズンの契約延長が発表される以前の昨年秋ごろには、F1からの引退すら囁かれていた。

 モナコGPの土曜日に、今シーズン以降もF1での仕事を続けたいかと聞かれたバトンは「まだカナダGPのことも考えていないんだから、来年のことなんて、まだまだだよ。僕が言えるのは、それだけだ」と答えた。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月3日(金)12時4分

オートスポーツweb