ここから本文です

MotoGP第15戦日本グランプリを“グランピングスタイル”で。指定席新設

オートスポーツweb 6月3日(金)15時49分配信

 10月14~16日に栃木県茂木町で開催される二輪最高峰、MotoGP世界選手権シリーズ第15戦日本グランプリ。いまから観戦プランを練っているファンも多いと思うが、新たに“グランピングスタイル”で観戦できる指定席エリアが新設された。

“グランピング”とは、“グラマラス”と“キャンピング”を組み合わせた言葉で、ふつうのキャンプとは異なり、ラグジュアリーな雰囲気を味わいながらキャンプが楽しめるというもの。近年日本各地にグランピングのスポットができあがっている。

 ツインリンクもてぎでも、2016年3月にキャンプ場をリニューアルし『森と星空のキャンプヴィレッジ』として新たにグランピングエリアを導入した。上質な設備を整え、手軽・身軽に、今までのキャンプとはひと味違った贅沢なひと時を楽しむことができる。

 今回のMotoGPもてぎでも、グランピングスタイルでの観戦エリアが新設された。ビクトリーコーナーテラスでは、テーブル、椅子、モニター付きの屋根付きの1区間を使用できるほか、多くの特典も用意されている。これまでの観戦スタイルとは少々異なる、新たな観戦をグランピングで楽しもう。詳細情報はツインリンクもてぎホームページ・MotoGPチケット情報まで。

http://www.twinring.jp/ticket_m/2016/motogp/

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月3日(金)15時49分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。