ここから本文です

ジョン・ボン・ジョヴィがヒラリー・クリントンの選挙遊説を応援

Billboard Japan 6月3日(金)20時0分配信

 ジョン・ボン・ジョヴィが6月1日、民主党・米大統領候補のヒラリー・クリントン支援のため選挙遊説に加わり、初めにニュージャージー州ニューアークに行き、同日夕方にはボストンでの資金集めイベントに参加した。

 ラトガース大学ニューアーク・キャンパスにおける選挙キャンペーンにて、ジョンはニュージャージーのコリー・ブッカー上院議員とともに、元ファーストレディーであり上院議員および国務長官のヒラリー・クリントンを紹介した。

 ジョンが「彼女を単にミセスCと呼びたいと思います。まもなく大統領女史と呼ぶことになることを願っているからです」と紹介すると、会場からは歓声があがった。クリントンはこれに応え、「このような2人の紳士……ジャージーの大物たちに紹介していただけるなんて、この上なく最高です」と挨拶した。

 同集会でクリントンは、ドナルド・トランプとトランプ大学(トランプ設立の大学で元受講生たちから詐欺罪などで訴えられている)のセミナーに狙いを定め、トランプ大学を“詐欺的組織”などと呼んだ。

 ちなみにトランプはこれに対し、ツイッターでクリントンを“詐欺師”と称し、“非常に愚かで違法なEメールの使い方をして、国民や国を危険にさらしている”とやり返している。

 さらにジョンはHillary Victory Fund(ヒラリー勝利基金)に向けた資金集めのため、同夜、ウェスティン・ボストンウォーターフロント・ホテルにも姿を見せたようだ。

 なお、民主党のクリントン支持者であるジョン・ボン・ジョヴィは、共和党大統領候補者指名争いから撤退しその後、トランプ支持を表明したニュージャージー州知事、クリス・クリスティーにも5,400ドル(約59万円)を寄付している。

最終更新:6月3日(金)20時0分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。