ここから本文です

世界滅亡の危機!『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズ最新作『インフェルノ』予告解禁

クランクイン! 6月3日(金)12時0分配信

 ダ・ヴィンチの名画に隠された謎が世界中で一大センセーションを巻き起こした『ダ・ヴィンチ・コード』(06)、ヴァアチカンを舞台にガリレオの遺した暗号を解き秘密結社の陰謀に迫った『天使と悪魔』(09)に続き、大ベストセラー作家ダン・ブラウンの人気ミステリーシリーズを映画化した『インフェルノ』の予告編が解禁となった。

【関連】ラストが大ドンデン返しの衝撃映画、厳選13選フォト特集


 予告編は、「人類は100年で滅びる」という謎の男の不吉なセリフとともに始まる。トム・ハンクス演じるラングドン教授が投影しているのは、フィレンツェの画家ボッティチェリの作品「地獄の見取り図」だ。絵画の中にはアメリカの大富豪の名前が暗号のように隠されていた。隠された暗号を解き明かすため、美貌の女医シエナと共に、イタリア・フィレンツェ、ヴェネツィア、トルコ・イスタンブールなど世界中を駆け巡る。

 次のカットではラングドン教授が、不気味に白く光るダンテのデスマスクを手にしている。マスクの裏には“探し 見出せ”という意味深な文字が隠させていた。はたして世界は滅亡してしまうのか?

 主人公のハーヴァード大学宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授にオスカー俳優トム・ハンクス。ラングドンとともに謎を追う美貌の女医シエナにSF大作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』ヒロインに抜擢されたフェリシティ・ジョーンズ。メガホンをとるのは『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズ全作品を手掛けるロン・ハワード監督。

 映画『インフェルノ』は10月28日より日米同時公開。

最終更新:6月3日(金)12時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。