ここから本文です

ディズニー実写作品の先駆け!? 『ワンス・アポン・ア・タイム』人気の秘密とは?

クランクイン! 6月3日(金)17時0分配信

 『ワンス・アポン・ア・タイム』という海外ドラマをご存じだろうか?既に日本でもテレビ放送されていることから、聞いたことがある人も多いと思う。私もディズニー作品が好きで、数年前から本作には注目していたが、映画ではなく海外ドラマということで、何となく手が出せずにいた…。しかし、先日友人から「超オススメ!」と改めて猛プッシュされたので、ついに『ワンス・アポン・ア・タイム』を見てみることにした。

【関連】『ワンス・アポン・ア・タイム』主演「ジェニファー・モリソン」フォトギャラリー


 本作は、誰もが知るおとぎ話の主人公たちが現代の町に閉じ込められ、普通に生活していたとしたら…という「もしも」の世界を舞台にしたファンタジードラマ。おとぎ話の世界と現代の世界を交差して描きながら、個性たっぷりのキャラクターたちが壮大なスケールの冒険を繰り広げる。

 海外ドラマでシーズンを重ねているのは、それだけ人気のある証拠。というわけで本ドラマもすでにアメリカではシーズン5が放送中で、シーズン6の製作も決まっている。そこで、今回は思い切ってDVDが発売したばかりのシーズン3から見初めてみることに…。主人公となるのは、白雪姫とチャーミング王子との間に生まれた一人娘のエマ。愛する息子ヘンリーがさらわれ、かの有名なフック船長の帆船"ジョリー・ロジャー号"で彼を助けるべく出発する場面からスタートする。

 なんといってもワクワクするのが、白雪姫、『眠れる森の美女』のオーロラ姫にムーラン。人魚姫のアリエルやティンカー・ベルなど、小さな頃から慣れ親しんできたキャラクターたちが続々登場すること。『シンデレラ』や『美女と野獣』などおとぎ話をアレンジした実写映画が大流行となっているが、その先駆けとなっているのが本ドラマなのだとか。

 先駆者だけあって、その大胆なアイディアの衝撃度もハンパない。なんとヘンリーをネバーランドにさらった悪の黒幕は永遠の少年として知られるピーター・パンで、ピーターがニヤリとしたワルの顔を見せてくれたり、黒ひげオヤジのイメージがあるフック船長がフェロモンたっぷりのイケメンだったり!おなじみのキャラクターといえど、まったく安心できない。予想不可能な展開で、見るものを良い意味で裏切ってくれるのだ。


 キャラクターたちの意外な姿。そして、おとぎ話と現代が交差しつつ、数々の謎がアクションや迫力の映像とともに紐解かれていく展開に、すっかり釘付けになっていた私。なかでも私が魅力に感じたのが、主人公エマをはじめとする女性キャラクターたちの凛とした強さだ。エマを演じるジェニファー・モリソンは、日本ではまだ知らない人も多いかもしれないが、アメリカではキャリア20年以上のスター女優。登場人物が多い本作でも、その演技力の高さと、他を圧倒する美しさで存在感を発揮している。

 王子様のキスで「めでたし、めでたし」と終わらないのが本ドラマ。エマたちは、イマジネーションを駆使したファンタジーの中で大いに苦悩、葛藤する。信じる力、恐れを乗り越え一歩踏み出す勇気など、大人の心にも響く大切なメッセージを紐解きながら、是非見て欲しい。

 そしてシーズン3のクライマックスには、なんと『アナと雪の女王』のエルサが登場!ブルーのドレスにブロンドヘアを編み上げた実写版エルサが、これからどんな冒険を繰り広げるのか。楽しみでならない。

 海外ドラマ『ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3』は現在DVD第一弾がレンタル中。DVDコレクターズBOX Part1発売中。6月22日よりDVD第二弾レンタル開始&DVDコレクターズBOX Part2発売。価格は10000円(税抜)。また、デジタルは全話配信中。

最終更新:6月3日(金)17時0分

クランクイン!

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。