ここから本文です

玉木宏、“支えたい”と思う女性像を明かす「自分をしっかり持ってる人」

クランクイン! 6月3日(金)14時15分配信

 映画『探偵ミタライの事件簿 星籠(せいろ)の海』(6月4日公開)にて主演を務める俳優の玉木宏が3日、テレビ朝日のトーク番組『徹子の部屋』に出演。この日はNHKの連続テレビ小説『あさが来た』で共演した近藤正臣からのメッセージが披露され、玉木は感慨深い様子で撮影時を振り返った。

【関連】「玉木宏」フォトギャラリー


 これまでの芸能活動で自分を支えてくれた恩師として、玉木は迷いなく『あさが来た』で共演した近藤の名を挙げる。この日はその近藤から玉木へのメッセージも到着。ドラマで若かりし頃から晩年までの長い人生を演じることに対し、玉木が悩みを相談してきたと明かす。また「役の中で僕に似てきたのが嬉しかった」と、晩年の玉木が父親を演じた近藤に“似ていた”ことを喜ぶ。

 玉木は近藤のメッセージを感慨深い様子で聞き入り「アドバイスをいただいた時には、気持ちが楽になりました。だから、ふとした時に見せる、年齢を重ねたように見えるしぐさを、近藤さんから継承して、取り入れていました」と話した。

 『あさが来た』の出演により、「働く女性を支えそうな芸能人」の第1位に選ばれたという玉木は、理想の女性像を「目標があって自分をしっかり持っている人、そういう女性を支えたいと思いますね」と語る。また、結婚願望はあるとのことで、『あさが来た』を含めこれまでの演技経験の中で「作品を通して家族というものを見つめた時、夫であり父でありたいと思うようになりましたね」と、“結婚=家族”について自身の考えを明かした。

最終更新:6月3日(金)14時15分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。