ここから本文です

逆輸入俳優・大谷亮平、“第2のディーン・フジオカ” の声に「光栄です」

クランクイン! 6月3日(金)13時30分配信

 韓国ドラマ『ああ、私の幽霊さま』DVDリリース記念イベントが都内で行われ、“逆輸入俳優”の大谷亮平がゲストで登壇した。第2のディーン・フジオカの呼び声高い大谷は「境遇が似てるので、そういうふうに言ってもらえて光栄です」とほほ笑んだ。

【関連】『ああ、私の幽霊さま』DVDリリース記念イベント<フォトギャラリー>


 大谷はさらに「韓国にいるときからディーンさんの存在は聞いていました。僕も国は違えど、韓国から日本に来始めているので、正直興味深いです」とディーンにいろいろ聞いてみたいと興味を示していた。

 『ああ、私の幽霊さま』は弱気な落ちこぼれのヒロイン・ボンソンが、恋愛体質のおてんばセクシー幽霊スネに憑りつかれ、イケメンカリスマシェフに猛アタックするさまを描いた異色のラブコメディ。幽霊に愛されてしまうイケメンシェフ役を、ミュージカル界のトップスターであり、『最高です!スンシンちゃん』などで知られる実力派俳優チョ・ジョンソクが好演している。

 大谷は日本でモデル活動後、2003年に韓国のダンキンドーナツのCM出演をきっかけに韓国で芸能活動を始め俳優デビュー。今年4月より日本でも俳優活動を本格的に開始し、現在放送中の月9ドラマ『ラヴソング』(フジテレビ系)にレギュラー出演している。
 
 韓国と日本の撮影の違いについて、大谷は「韓国は1週間に2話放送するので撮る量がすごいんです。朝まで撮影は毎日続きます」と殺人級スケジュールだと漏らした。月9撮影においては「ゆったり撮るんだなって(笑)」と、余裕の笑み。

 本作では幽霊に憑依されるという内容だが、自分が憑依できるとしたら誰がいいかと聞かれ、「福山雅治」の名前を挙げた大谷。その理由について、「最近、格好いいなと思うことがありまして。『ラヴソング』のキャストの方たちとお酒を飲んだんですけど、福山さんがギターを生演奏してくださったんですよ」と即興で譜面を見て弾いてくれたと明かした。
 
 さらには「僕が歌って福山さんが弾いてくれたんですけど、やっぱり格好いいですね。1日だけでもできたらなと思いました」と、先輩である福山への憧れをにじませていた。

 『ああ、私の幽霊さま』DVD SET1(税抜1万5200円)は現在発売中、DVD SET2(税抜1万5200円)は7月2日より発売、レンタルも同日開始。

最終更新:6月3日(金)14時37分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。