ここから本文です

バッド・ブレインズ、ドキュメンタリー映画『バッド・ブレインズ/バンド・イン・DC』が日本公開決定

RO69(アールオーロック) 6月3日(金)18時6分配信

バッド・ブレインズのドキュメンタリー映画『バッド・ブレインズ/バンド・イン・DC』が日本公開されることが決定した。

『バッド・ブレインズ/バンド・イン・DC』は、2012年製作のドキュメンタリー映画で、バッド・ブレインズの2007年のツアーの模様を軸に、バンドの歴史を追った同バンド史上初のドキュメンタリー映画。監督はラモーンズのギタリスト、ジョニー・ラモーンのトリビュート映画となった『トゥー・タフ・トゥ・ダイ』(2006年)を手掛けたマンディ・スタイン、製作・編集は『悪魔とダニエル・ジョンストン』(2005年)のタイラー・ハビーが担当している。映画『アメリカン・ハードコア』(2006年)を手掛けたポール・ラックマンから提供された貴重な80年代のライヴ映像とともに、バッド・ブレインズの楽曲が計45曲収録されているという。

7月16日(土)より渋谷HUMAXシネマにてレイトショー公開され、ほか全国順次公開される。

映画情報は以下の通り。

●映画情報
『バッド・ブレインズ/バンド・イン・DC』
2012年/アメリカ映画/104分/スタンダードサイズ
原題:BAD BRAINS / A BAND IN DC
© 2012 PLAIN JANE PRODUCTIONS
提供:キングレコード
配給:ビーズインターナショナル/宣伝協力:ディスクユニオン
監督:マンディ・スタイン『TOO TOUGH TO DIE』、ベンジャミン・ローガン
製作総指揮:アリソン・パーマー
製作:タイラー・ハビー、マンディ・スタイン
撮影:タイラー・ハビー『悪魔とダニエル・ジョンストン』
出演:BAD BRAINS(H.R.、ドクター・ノウ、ダリル・ジェニファー、アール・ハドソン)、ヘンリー・ロリンズ(BLACK FLAG)、イアン・マッケイ(MINOR THREAT)、BEASTIE BOYS(マイク・ダイヤモンド、アダム・ヤウク、アダム・ホロヴィッツ)、リック・オケイセック(プロデューサー/THE CARS)、デイヴ・グロール(FOO FIGHTERS)、ライル・プレスラー(MINOR THREAT)、アンソニー・カウンティ(マネージャー)、ジョン・ジョセフ(CRO MAGS)、ハーレー・フラナガン(CRO MAGS)、ジミー・ゲシュタポ(MURPHY’S LAW)、アンソニー・キーディス(RED HOT CHILI PEPPERS)、ドン・レッツ(映画監督)、ジェリー・ウィリアムス

更なる詳細は以下のサイトで御確認ください。
http://badbrains.jp

RO69(アールオーロック)

最終更新:6月3日(金)18時6分

RO69(アールオーロック)