ここから本文です

仲代さん能登に感謝 七尾で文化勲章を祝う会

北國新聞社 6月3日(金)2時44分配信

 七尾市名誉市民で能登演劇堂名誉館長の俳優仲代達矢さん(83)の文化勲章受章を祝う会は2日、同市和倉温泉の加賀屋で開かれ、約200人が功績をたたえた。仲代さんは「能登に助けられて、無名塾が大きくなった。演劇堂は勲章の相当の部分を占めている」と感謝の言葉を述べた。

 仲代さんは約30年前に能登を旅行したことがきっかけで無名塾の合宿を旧中島町で始めた経緯を紹介し、「演劇堂は日本一の演劇専門ホールであり、力になれたことを誇りに思う」と語った。

 発起人を代表して不嶋豊和市長が「仲代さんや無名塾によって中島が演劇のまちとして全国区になった」とあいさつし、谷本正憲知事が「能登を発信するため引き続きご尽力いただきたい」と祝辞を述べた。宮下正博県議会議長も祝辞を贈った。旧中島町長の辻口昇さんの発声で乾杯した。

 仲代さんや塾生の松崎謙二さん、本郷弦さんが過去の無名塾合宿や公演などの写真スライドショーを見ながら、トークを繰り広げた。塩津かがり火太鼓が勇壮な演奏を披露した。

北國新聞社

最終更新:6月3日(金)3時13分

北國新聞社