ここから本文です

最高の美と対話 現美七尾展が開幕

北國新聞社 6月3日(金)16時10分配信

 第72回現代美術展七尾展(一般財団法人石川県美術文化協会、北國新聞社、七尾市など主催)は3日、七尾市の県七尾美術館で開幕した。能登地区唯一の巡回展会場に同市在住作家の69点を含む秀作217点が並び、来場者が県内最高水準の美との対話を楽しんだ。

 日本画、洋画、彫刻、工芸、書、写真の6部門で、若手からベテラン作家の入賞、入選作、文化勲章受章者や日本芸術院会員、人間国宝の近作が並んだ。

 会期は26日まで(月曜休館)で、観覧料は一般500円、大学生・高校生は350円、中学生以下は無料となっている。

北國新聞社

最終更新:6月3日(金)16時10分

北國新聞社