ここから本文です

キャリック、マンUとの契約を1年延長へ…モウリーニョ監督が希望

SOCCER KING 6月3日(金)9時35分配信

 マンチェスター・Uに所属する元イングランド代表MFマイケル・キャリックが、同クラブとの契約を1年延長する見通しとなった。イギリス紙『デイリーメール』が2日に報じている。

 キャリックは1981年生まれの34歳。2006年にトッテナムから移籍し、マンチェスター・U加入10シーズン目を終えた。今シーズンも主力として活躍し、公式戦42試合に出場。5月21日のFAカップ決勝クリスタル・パレス戦でも先発出場し、優勝に貢献した。

 今月末で現行契約が満了を迎えるキャリック。以前の報道では去就は不透明な状況とされ、新指揮官の判断次第であると伝えられた。プレミアリーグやリーガ・エスパニョーラ、MLS(メジャーリーグ・サッカー)、中国のクラブからの関心も報じられていた。

 そして今回の報道では、モウリーニョ監督がキャリックの残留を望んでいると伝えられた。同選手はマンチェスター・Uとの契約を1年延長する見通しで、来週にも新契約にサインをすると報じられている。

 プレミアリーグを5回、チャンピオンズリーグを1回制するなど、数々のタイトル獲得に貢献してきたキャリック。マンチェスター・U残留が決まった場合、加入11シーズン目を迎えることとなる。

SOCCER KING

最終更新:6月3日(金)9時39分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。