ここから本文です

新生なでしこ、初陣は女王アメリカとドロー…一度は逆転されるも横山が劇的同点弾

SOCCER KING 6月3日(金)12時24分配信

 国際親善試合が2日に行われ、なでしこジャパン(日本女子代表)とアメリカ女子代表が対戦した。

 なでしこはリオデジャネイロ・オリンピックの出場権を逃し、3月に佐々木則夫監督が退任。4月に高倉麻子新監督が就任した。今回のアメリカ遠征は高倉新監督にとっての初陣となった。相手は2015年のカナダ・ワールドカップ女王で、世界ランキング1位のアメリカ。一部の主力選手は不在であるが、GKホープ・ソロやFWアレックス・モーガンらが先発メンバーに名を連ねた。

 一方、“新生なでしこ”は4-2-3-1のフォーメーションで初戦に臨み、スターティングメンバーには、GK山下杏也加、DF有吉佐織、村松智子、熊谷紗希、佐々木繭、MF阪口夢穂、宇津木瑠美、中島依美、千葉園子、大儀見(永里)優季、ワントップにFW岩渕真奈が入った。なお、千葉と佐々木は初の代表戦出場となった。

 試合の立ち上がりはややアメリカがペースを握る形で進んだが、先制したのは日本だった。14分、エリア手前右で阪口からパスを受けた岩渕が中央へ切り込み、右45度の位置から左足シュート。わずかに相手DFの足をかすめたボールがゴール左上隅に決まり、なでしこが先制に成功した。

 続く22分、右サイドでパスを受けた中島がエリア右横からクロスを供給。これをファーサイドの大儀見が右足で合わせてゴール左下に決めた。なでしこは前半の早い段階で2点のリードを奪った。

 アメリカはホームの声援を受けながらも連続失点を喫したが、ここから反撃に出る。27分、中盤でボールを持ったクリスタル・ダンが右サイドへ展開。マロリー・ピューが抜けだしてマイナスの折り返しを送る。これをフリーになっていたモーガンが右足でシュート。ややDFに被ったボールをGK山下が防ぎきれず、アメリカがまずは1点を返した。

 追い上げられた日本は再びリードを広げようとチャンスを作る。42分、宇津木が前線の千葉へ縦パスを送る。エリア手前の千葉が後方へ落とすと、パスを受けた中島が右足シュートを放ったが、ここはクロスバーを直撃。追加点とはならなかった。前半は2-1でなでしこがリードしてハーフタイムを迎えた。

 なでしこは後半開始から宇津木に替えて川村優理を投入した。後半立ち上がりの54分、なでしこはカウンターから中島がドリブルで持ち上がる。そのままやや距離のある位置から右足ミドルシュートを放ったが、ここはわずかに枠の右へ外れた。

 56分、なでしこは岩渕を下げて横山久美を投入した。直後の57分、大儀見が2枚目のイエローカードを受けて退場。10人での戦いを強いられることとなった。

 ここから両チームともに積極的な選手交代を行う。アメリカは61分にモーガン・ブライアンとダンを下げ、クリステン・プレスとリンジー・ホランを投入。なでしこは62分に千葉を下げて増矢理花を投入した。

 なでしこに退場者が出て以降、試合は完全にアメリカのペースとなる。64分、右サイドでFKのチャンスを獲得。キッカーのトビン・ヒースが左足でクロスを入れると、ゴール前に走りこんだモーガンが頭で合わせて同点に追いついた。なお、モーガンは日本戦で通算6ゴール目を決めた。

 なでしこは81分に佐々木を下げて中里優を投入。中里はなでしこでのデビューを飾った。

 試合終盤はアメリカの猛攻が続く。89分、左サイドからケリー・オハラがアーリークロスを入れると飛び出したGK山下が触りきれず、ホランが頭で合わせて逆転に成功した。

 しかし、諦めないなでしこジャパンは後半アディショナルタイム3分にチャンスを作る。増矢、阪口とパスをつなぎ、最後はエリア内に抜けだした横山がゴール左下に決めて土壇場で同点に追いついた。このまま試合は3-3で終了。高倉新監督の初陣はドローで終わった。

 なでしこジャパンとアメリカは5日にオハイオ州クリーブランドのファースト・エナジー・スタジアムで再び対戦する。

【スコア】
アメリカ女子代表 3-3 なでしこジャパン

【得点者】
0-1 14分 岩渕真奈(なでしこジャパン)
0-2 22分 大儀見(永里)優季(なでしこジャパン)
1-2 27分 アレックス・モーガン(アメリカ女子代表)
2-2 64分 アレックス・モーガン(アメリカ女子代表)
3-2 89分 リンジー・ホラン(アメリカ女子代表)
3-3 90+3分 横山久美(なでしこジャパン)

SOCCER KING

最終更新:6月4日(土)1時38分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。