ここから本文です

【MotoGP】ホンダ、マルケスと2年間の契約延長へ…「信頼関係が厚く契約更新は急がなかった」

オートックワン 6月3日(金)10時44分配信

ホンダレーシング(HRC)は、「レプソル・ホンダ・チーム(Repsol Honda Team)」からMotoGPクラスに参戦中のマルク・マルケス選手(23歳、スペイン出身)と、ホンダワークスチームのライダーとして、2017年からの2年契約に合意したことを、同選手のホーム大会であるカタルニアGPを目前に発表した。

このニュースのフォトギャラリー

マルケス選手は現在、MotoGPクラスおよびレプソル・ホンダ・チームのライダーとして4シーズン目に突入。これまでのMotoGPクラスにおける戦績は、2度のチャンピオン(ルーキー参戦の2013年、そして2014年)に加え、2015年シーズンではランキング3位となり、ほぼ2戦に1度は優勝。そして出場したGPでは約73%の確率で表彰台に登ったことになる。

今週末のカタルニアGPに挑むマルケス選手は、6レースを終えた時点でトップとわずか10点差でランキング2位につけている。

【各コメント】

▽マルク・マルケス選手

「この度、いい思い出の特に多いホームのカタルニアGPというタイミングでHRCとの契約更新を発表できることを非常にうれしく思います。レプソル・ホンダ・チームとの信頼関係は厚く、このチームの一員であり続けることを心から願っています。この3年半、共に素晴らしい勝利やチャンピオンシップ優勝を経験するとともに、さまざまなことにチャレンジしてきましたが、これらはチームとして強くなる糧だと考えています。今シーズンはタイトル獲得に向けて、チーム一丸となって全力を尽くしていきます。ホンダの一員でいることは私にとって大変光栄であり、そして今後の2シーズンもこのチームで走り続けることができることに感謝しています。」

▽ホンダ・レーシング 取締役副社長 中本 修平氏

「マルク・マルケス選手を今後の2シーズンにわたり、ワークスチームのライダーとして迎えられることを光栄に思います。マルケス選手は、間違いなく、MotoGPの現在と未来を担う選手です。お互いの信頼関係は厚く、マルケス選手とホンダの双方が、一つのチームであり続けたいと強く望んでいたことから、今回の契約の更新は急ぎませんでした。マルケス選手はこの4年間で飛躍的な成長を遂げ、2014年に10連勝を飾ったときと比べても著しく成長しています。彼はまだ若いとはいえ、私たちとの関係も長く、その豊富な経験はマシンを開発していく上で不可欠だと確信しています。」

1/2ページ

最終更新:6月3日(金)10時44分

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。