ここから本文です

吉田が思い出の豊田で2発…「僕の“アモーレ”も来ていたので良かった」

SOCCER KING 6月3日(金)22時49分配信

 慣れ親しんだ“かつてのホーム”豊田スタジアムで自身初の2ゴールを挙げたDF吉田麻也(サウサンプトン)。7-2と大勝した試合後、「豊田スタジアムでやれるのは、オレにとっては本当にうれしいこと。多くの友人だったり、家族だったり。まあ、僕の“アモーレ”も来ていたので良かったです」と、熱愛報道が話題を集めるチームメートの長友佑都(インテル)をチクリとイジりながら笑顔でコメントした。

 まずは38分。長谷部誠(フランクフルト)からのクロスをエリア左で森重真人(FC東京)が頭で折り返し、中央でフリーとなっていた吉田が頭でプッシュしてチーム4点目を挙げる。

 続く53分には、チーム5点目。CKの流れから金崎夢生(鹿島アントラーズ)のスルーパスに抜け出した清武弘嗣(ハノーファー)が右サイドからグラウンダーで絶妙なラストパス。「キヨ(清武)と目が合ったんで、『来るな』と思った。ミーティングでも『ファーサイドがかなり空く』と言われていたので」とスカウティングどおりにフリーで走りこんだ吉田が冷静に右足で押し込んだ。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が指揮を執り始めて以降、吉田は大きな得点源となっている。直近の試合では5戦4発。この結果について、彼自身はこう分析する。

「(理由は)いくつかあって、一つは相手のレベル。もう一つは、僕自身が(サウサンプトンで)試合に出ていない中で、代表で試合に出た時に結果を出し続けなければいけない。『吉田をチョイスしたい』と思われるようなプレーをしなければという思いが、今まで以上に自分に危機感をもたらしてくれていると思う」

 試合は開始4分に岡崎慎司(レスター)の先制ゴールが生まれ、日本代表のワンサイドゲームとなった。「ブルガリアはもうちょっとやるのでは……と期待していた。僕らにとってはヨーロッパのチームと戦うというのは貴重な機会。ちょっと拍子抜けだったので残念です」と大量得点で勝利した一戦を振り返った。

 自身で2得点を決めた一方、59分と82分の失点に関与。「(失点は)必要ないし、ああいうところは締めなければ」と話しつつ、「難しさもあった。メンバーが3人以上代わって、相手も明らかにやる気を喪失していた。だからこそ、もう少し締まった対戦相手とやりたかったですけどね」と残念そうに続けた。

 飽くなき向上心を覗かせる吉田。「失点は失点。ボスニア・ヘルツェゴヴィナはもっと強いと思うし、改善点をしっかり修正したい」。得点力だけでなく“本職”でも結果を残さなければならない。思い出の豊田で結果を残した吉田麻也が、不動のDFリーダーとして日本代表を世界へと先導していく。

文=岩谷純一

SOCCER KING

最終更新:6月4日(土)0時29分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]