ここから本文です

韓仏首脳会談 北朝鮮核放棄へ連携強化で一致

聯合ニュース 6月4日(土)1時42分配信

【パリ聯合ニュース】国賓としてフランスを訪問中の韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は3日(現地時間)、パリでオランド大統領と会談し、北朝鮮の核放棄の実現に向けた連携を強化することで一致した。

 朴大統領は、北朝鮮に対する国際社会の圧力の維持に向けたフランスとの連携を確保する一方、朝鮮半島統一政策に対するフランスの理解と支持をあらためて確認した。

 両首脳は、両国が21世紀の創造経済と文化隆盛のための最適なパートナーになり得るとの認識を共有し、新産業の育成や起業支援に関する協力を拡大することで合意した。また、文化と産業間の融合などを通じ、未来の新成長分野を創出していくことでも一致した。

また、朴大統領は今回の会談を機に、国際フランコフォニー機構(OIF)に韓国がオブザーバーとして加盟する意向を表明した。

 このほか、両首脳は言語教育拡大を含む相互協力と疎通の機会の拡大、気候変動、開発協力、テロ対策などについても意見を交換した。

最終更新:6月4日(土)2時52分

聯合ニュース