ここから本文です

松山英樹は予選落ち クーチャーら首位、岩田寛は62位で決勝へ

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月4日(土)7時53分配信

◇米国男子◇ザ・メモリアルトーナメント 2日目◇ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)◇7392 yd,(パー72)

「ザ・メモリアルトーナメント」フォトギャラリー

通算12アンダーで首位に並んだのは、3位から「66」としたマット・クーチャーと、2位から「67」で回ったブレンダン・スティール。歴代優勝者のクーチャーは2日目を7バーディ、1ボギーでプレーし、2013年に続く大会2勝目に前進した。

通算11アンダーの3位に、この日ベストスコアの「65」をマークしたゲーリー・ウッドランドと、「66」としたエミリアーノ・グリージョ(アルゼンチン)。さらに2打差の通算9アンダー5位に、首位から出たダスティン・ジョンソンら4人が続いた。

世界ランク1位のジェイソン・デイ(オーストラリア)と同3位のロリー・マキロイ(北アイルランド)は、通算7アンダーの12位に並んで決勝へ。同2位で前週の地元大会を制したジョーダン・スピースは、さらに1打差の22位タイ。

初日107位と大きく出遅れた岩田寛は5バーディ、ノーボギー「67」でプレー。通算2アンダーの62位に急浮上し、カットライン上で3試合連続の決勝ラウンド進出を決めた。

同じく105位と下位からのスタートになった松山英樹は3バーディ、4ボギー「73」と1つ落とし、通算3オーバーの103位。2014年にツアー初優勝を飾った大会で、初の予選落ちを喫した。

<主な成績>
順位/スコア/選手名
1T/-12/M.クーチャー、B.スティール
3T/-11/E.グリージョ、G.ウッドランド
5T/-9/D.ジョンソン、K.ストリールマン、J.カレン、H.バーナーIII
12T/-7/J.デイ、R.マキロイ ほか
22T/-6/J.スピース ほか

62T/-2/岩田寛 ほか
103T/+3/松山英樹 ほか

最終更新:6月4日(土)9時20分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)