ここから本文です

<藤山直美>主演映画の上海国際映画祭出品に大喜び「ニーハオ! ホイコーロー!」

まんたんウェブ 6月4日(土)12時28分配信

 女優の藤山直美さんが4日、東京都内で行われた主演映画「団地」(阪本順治監督)の初日舞台あいさつに登場し、阪本監督らとトークを繰り広げた。今作が、11日から開催される第19回上海国際映画祭のコンペティション部門に、日本映画から唯一ノミネートされ、出品が決定したことが発表されると、阪本監督は「光栄ですけれど、コンペって落ちるとカッコ悪いんですよね……」と照れ隠しでコメント。藤山さんは笑顔で「ニーハオ! ホイコーロー!」と適当な中国語であいさつし、観客を笑わせた。

【写真特集】映画「団地」初日舞台あいさつ

 映画は、阪本監督が日本アカデミー賞最優秀監督賞をはじめ、数々の映画賞を受賞した「顔」の主演女優・藤山さんと16年ぶりにタッグを組んだ意欲作。団地を舞台に、平凡な夫婦の“普通じゃない”日常を描いている。この日は、藤山さん、阪本監督のほか、岸部一徳さん、大楠道代さん、石橋蓮司さんが登場。上映前のイベントとあって、出演者たちは内容に触れずにトークを展開した。

 石橋さんが「自分に沿わない映画でもぜひ宣伝していただいて、『団地』シリーズとしてシリーズ化してほしい」とアピールすると、阪本監督は「『団地の妻』というタイトル案があったけれど、女性客が逃げる」とエピソードを披露。藤山さんは「監督から『ヘアヌードがあります』と聞いてびっくりした。よく聞いたら『部屋ヌードル(部屋でヌードルを食べるシーン)』だった。何言うとるか分からん。変態テイメント!」と語って笑いを誘った。さらに大楠さんが「内容がすごかったので、『監督、頭おかしくなったんじゃないの?』と岸部さんに一度相談しました」と、撮影時の思いを明かすと、阪本監督は「この業界が嫌になって(台本を)書いたと(思われた)」と苦笑しつつ、「このメンツ(メンバー)は道連れ、このメンツなら怖くない」と自信を見せた。

最終更新:6月4日(土)23時38分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。