ここから本文です

MotoGP第7戦カタルニアGP初日:ロレンソが今季4度目の初日総合トップ

オートスポーツweb 6月4日(土)0時5分配信

 MotoGP第7戦カタルニアGP、MotoGPクラスは、スペインのバルセロナ・カタルニアサーキットで1日目の2回のフリー走行を行い、ホルヘ・ロレンソ(モビスター・ヤマハ)が1分41秒712で初日総合トップに立った。

 MotoGPクラスのフリー走行1日目は午前中の1回目、午後の2回目共に好天に恵まれドライコンディションで行なわれた。1回目2番手だったロレンソは2回目のセッションは序盤からリーダーボードのトップをキープ。残り6分でマーベリック・ビニャーレス(スズキ)に一度は逆転されてしまったものの、残り4分を切ったところで1分41秒712のファステストを記録。ホームレース初日を総合トップで終えた。

 1回目にトップにつけていたビニャーレスは2回目の最後にロレンソに逆転されたものの、1分41秒954で総合2番手と好調。カル・クロッチロウ(LCRホンダ)が1分42秒011で総合3番手とサテライト勢トップ、ホンダ勢のトップで初日を終えた。

 総合4番手に1分42秒196でダニ・ペドロサ(レプソル・ホンダ)、総合5番手に1分42秒282でスコット・レディング(オクト・プラマック・ヤクニック)、バレンティーノ・ロッシ(モビスター・ヤマハ)は1回目3番手、2回目もセッション中盤すぎまで2番手につけ、セッション終盤に自己ベストを更新する1分42秒296を記録したものの、セッション6番手、総合6番手となった。

 フリー走行1回目の走行開始直後に転倒を喫したエクトル・バルベラ(アビンティアレーシング)は1回目8番手、2回目7番手、2回目に記録した1分42秒308で総合7番手に。総合8番手に1分42秒461でアンドレア・イアンノーネ(ドゥカティ)が続き、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ)は1回目7番手、2回目9番手、2回目に記録した1分42秒485で総合9番手。総合10番手に1分42秒490でアンドレア・ドビジオーゾ(ドゥカティ)が続いた。、

 ヨニー・エルナンデス(アスパー・チーム)が1分42秒516で総合11番手、アレイシ・エスパロガロ(スズキ)が1分42秒539で総合12番手、ポル・エスパロガロ(モンスター・ヤマハ・テック3)は1回目に記録した1分42秒709で総合13番手。総合14番手に1分42秒830でダニロ・ペトルッチ(オクト・プラマック・ヤクニック)、総合15番手に1分42秒870でユージン・ラバティ(アスパー・チーム)が続いた。

 1回目のセッションで転倒したアルバロ・バウティスタ(アプリリア)は1分43秒180で総合16番手、負傷欠場のロリス・バズ(アビンティアレーシング)の代役として参戦するミケーレ・ピロ(アビンティアレーシング)が1分43秒461で総合17番手に続き、総合18番手に1分43秒470でブラドリー・スミス(モンスター・ヤマハ・テック3)、総合19番手に1分43秒502でステファン・ブラドル(アプリリア)。フリー走行1回目、2回目と2度転倒を喫したジャック・ミラー(マークVDS)は1分43秒621で総合20番手。ケガから復帰したティト・ラバット(マークVDS)は1回目のセッション中に転倒を喫したが大きなダメージはなく、2回目に記録した1分43秒648で総合21番手となった。

[オートスポーツweb 2016年06月04日]

最終更新:6月4日(土)0時5分

オートスポーツweb