ここから本文です

プロゲーマー“ウメハラ”がTwitch初となるグローバルブランドアンバサダーに就任

ファミ通.com 6月4日(土)11時30分配信

●Twitch初となるグローバルアンバサダーに!
 Twitchは、プロゲーマー“ウメハラ”こと梅原大吾氏がTwitchグローバルブランドアンバサダーに就任したことを発表した。

 以下、リリースより。

----------

 格闘ゲーム界で数々の伝説を打ち立ててきた梅原大吾氏(以下ウメハラ氏)がTwitchのグローバルアンバサダーに就任したことを発表致します。

 ウメハラ氏は10代の頃より格闘ゲームにおいて世界のトップとして君臨してきた一方、2016年よりTwitchにて定期配信Daigo BeasTVを開始した。(毎週土曜日午前11時より、Redbull日本保安部より配信中)
 2月に配信開始し、既に日本配信者としてTwitch最多のフォロワーを持つ。初回には同時視聴者人数3万を達成。日英両言語対応でオーディオ設定があり、グローバルにコミュニケーションを取っている。オンラインでのLive配信により、氏の活動の可視性も向上。

 ウメハラ氏が自ら配信を行うのは初の試み。コンセプトとして、コミュニティへの貢献・世界中のプレイヤーとの情報共有がある。この活動に際し、世界中の格闘ゲームコミュニティに向けてウメハラ氏が情報発信のプラットフォームとして、Twitchを選択。その内容は時間とともに洗練され、多くのチャレンジを生んでいる。

 こうしたウメハラ氏の活動をTwitchは大きく評価し、今回のアンバサダーが実現した。これはプレイヤーのスポンサードとは異なる形式だが、Twitchの歴史において初となるグローバルアンバサダーの誕生により、今後twitchは日本に於いて存在感を増していくことであろう。

以下、ウメハラ氏のコメント

――ブローバルアンバサダーになるにあたり、世界および日本のマーケットで何を目標としますか?

ウメハラ氏:配信を初めて数カ月、自分の中で世界観が変わりました。アメリカ・フランス・クウェートなど何処であろうといままで大会に行っていた際は、コミュニティと顔を合わせることを楽しみにしていました。しかし今では、週レベルでTwitchの配信で直接交流することができます。コミュニティと相互作用ができる驚くべきツールであると実感できました。テクノロジーってすごいですね。集まることができて、新しいいことを考えて、それでいて楽しむ事が出来ます。
Twitchのグローバルアンバサダーとして、視聴者の皆さんと共に楽しいシーンを作ろうと考えています。視聴して頂いているコミュニティの皆さんが私にとってインスピレーションであったように、私が皆さんのインスピレーションであればと思います。そして世界の大イベントでお会いできればと思います。

最終更新:6月4日(土)11時30分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。