ここから本文です

【IGF】猪木氏がアリ氏に追悼コメント「非常に辛い」

イーファイト 6月4日(土)15時36分配信

 6月3日(金・現地時間)に死去した元プロボクシング世界ヘビー級王者モハメド・アリ氏(アメリカ)と、1976年6月26日に異種格闘技戦で対戦した元プロレスラーのアントニオ猪木氏が、追悼のコメントを発表した。

【フォト】“世紀の一戦”とうたわれた猪木vsアリ戦

 アリvs猪木が行われた6月26日が、社団法人日本記念日協会に『世界格闘技の日』として5月5日に制定されたばかりのことだった。以下、猪木のコメント。

「逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。最近では、体調を崩されているということを聞いて心配しておりましたが、こうして、かつてのライバルたちを見送ることは非常に辛いものです。あの戦いから今年で40年。6月26日が『世界格闘技の日』と制定された矢先の訃報でしたので残念です」

最終更新:6月4日(土)15時36分

イーファイト