ここから本文です

サトノノブレスがコースレコードでV 重賞4勝目/鳴尾記念

netkeiba.com 6月4日(土)15時42分配信

 4日、阪神競馬場で行われた鳴尾記念(3歳上・GIII・芝2000m)は、好位でレースを進め、3~4コーナーで前に並びかけていった川田将雅騎手騎乗の3番人気サトノノブレス(牡6、栗東・池江泰寿厩舎)が、直線で先頭に立ってゴールまで押し切り、外から追い上げてきた2番人気ステファノス(牡5、栗東・藤原英昭厩舎)をクビ差退け優勝した。勝ちタイムは1分57秒6(良、コースレコード)。

 さらにクビ差の3着に13番人気プランスペスカ(牡6、栗東・松永昌博厩舎)が入った。なお、1番人気ヤマカツエース(牡4、栗東・池添兼雄厩舎)は6着に終わった。

 勝ったサトノノブレスは、父ディープインパクト、母クライウィズジョイ、その父トニービンという血統。今年3月の中日新聞杯に続く重賞4勝目を挙げた。また、鞍上の川田将雅騎手は5月29日の日本ダービーに続く2週連続重賞勝利となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆サトノノブレス(牡6)
騎手:川田将雅
厩舎:栗東・池江泰寿
父:ディープインパクト
母:クライウィズジョイ
母父:トニービン
馬主:里見治
生産者:メジロ牧場
通算成績:25戦6勝(重賞4勝)
主な勝ち鞍:14年日経新春杯(GII)

最終更新:6月4日(土)17時33分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ