ここから本文です

<斎藤工>“エロの看板”は「しばらく掲げようと思う」

まんたんウェブ 6月4日(土)13時8分配信

 俳優の斎藤工さんが4日、TOHOシネマズスカラ座(東京都千代田区)で行われた映画「高台家の人々」(土方政人監督)の初日舞台あいさつに登場した。共演者の水原希子さんが「斎藤さんの謎が深まるばかり。何を考えているのか分からない部分がある。優しいお兄さんのようだけど、頭の中はエッチなことを考えているのですか?」と聞き、大地真央さんが「(優しいところに)下心がある?」と質問すると、斎藤さんは「自覚はあまりなくて、エロの看板を掲げると、いろいろ通りやすいこともある。しばらく掲げようと思う」と明かした。

【写真特集】綾瀬はるかが胸元あらわなセクシー衣装で…

 また、舞台あいさつでは、斎藤さんが3億円相当とされるティアラを、主演の綾瀬はるかさんの頭に載せることになり、斎藤さんは「先っぽを鼻の穴に入れて、ボケようと思ったけど……」といいつつも緊張した様子だった。

 「高台家の人々」は、「ごくせん」などの森本梢子さんがマンガ誌「YOU」(集英社)で2012年から連載中のマンガが原作。スケールの大きな妄想が趣味の女性会社員・平野木絵(綾瀬さん)が、心の読めるイケメンでエリートサラリーマンの高台光正(斎藤さん)に、ぶっ飛んだ妄想の面白さと人柄ゆえに興味を持たれるようになる……というストーリー。

 舞台あいさつには、間宮祥太朗さん、市村正親さん、土方監督も登場した。

最終更新:6月4日(土)23時45分

まんたんウェブ