ここから本文です

しばらく“バブル”を満喫しそうな平愛梨

リアルライブ 6月4日(土)16時16分配信

 発売中の「フライデー」(講談社)でサッカーの日本代表のDF・長友佑都と結婚を前提に交際していることが明らかになった女優の平愛梨が3日、長友が出場したブルガリア代表とのキリン杯(愛知・豊田スタジアム)を観戦した様子を、各スポーツ紙が報じている。

 平は女優で妹の祐奈、親友で長友と交際するきっかけをつくったお笑い芸人の三瓶とともにVIPルームで試合を観戦。前半27分に長友が香川のゴールをアシストすると、平は飛び上がって手をたたき、三瓶と抱き合って喜んだという。

 長友がヒーローインタビューで大型ビジョンに映ると、ビジョンを背に記念撮影。VIPルームの外は警備員による厳重態勢だったというが、部屋の外で待ち受けた大勢のサポーターから「あいりちゃ~ん」と声をかけられると、笑顔でうなずきながらスタジアムを後にしたというが、興奮冷めやらなかったのか、深夜にブログを更新。「長友さんの足の速さ、明確にボールをパスする姿、守るという責任の強さ、やはり素敵でした」とのろけ、姉妹の2ショット写真などを掲載した。

 「長友が男らしく交際宣言し、おまけに“デキちゃった結婚”の報道を双方が否定したことで確実に平の好感度がアップ。結婚まではテレビ各局が平の争奪戦を繰り広げそうで、おそらく、平はデビュー以来、経験したことのない“バブル”状態が来て忙しくなりそうだ」(テレビ関係者)

 一部によると、交際に発展したのは昨年春の初めての2人きりでの食事。1対1で男性と会うのが苦手な平は、話題が事欠かないよう、その場に占いの本やトランプを持ち込んだそうで、その食事後、カラオケ店に行く時に長友が、店まで案内するという意味で、「(店まで)俺についてきて」と発した言葉にハートを射ぬかれたという。

 勘違いから始まった恋だったが、間もなく成就しそうだ。

最終更新:6月4日(土)16時16分

リアルライブ