ここから本文です

<百想芸術大賞>イ・ビョンホン、チョン・ドヨン、ユ・アイン、キム・ヘスが「最優秀演技賞」受賞

WoW!Korea 6月4日(土)11時10分配信

俳優イ・ビョンホン、女優チョン・ドヨン、俳優ユ・アイン、女優キム・ヘスが「最優秀演技賞」を受賞した。

【画像】「第52回百想芸術大賞」のレッドカーペットイベント<男優編>

 イ・ビョンホンら4人は3日午後、慶熙(キョンヒ)大学平和の殿堂で行われた「第52回百想芸術大賞」で、それぞれ映画部門とTV部門の「男女最優秀演技賞」を受賞した。

 イ・ビョンホンは映画「インサイダーズ/内部者たち」で男性最優秀演技賞を受賞。「一番大事なのは、共演する俳優たちの協力がなければキャラクターが、きちんと完ぺきに誕生できないと思っている。この場を借りてアン・サングというキャラクターを作ってくださったペク・ユンシク先生、チョ・スンウさん、最後に僕の家族にこの賞の栄光を捧げる」と語った。

 続けて映画「無頼漢」で女性最優秀演技賞を受賞したチョン・ドヨンは「『無頼漢』は撮影の時に私に無理な環境だと思った。撮影が終わったら振り返ることもないと思っていたが、振り返って見ると一番多く愛された現場だった。感謝している」とし、「だいぶやってきたなと思っていたが、今後も素晴らしい女優として生まれ変わり続けたい」とさらなる意欲を見せた。

 TV部門の男性最優秀演技賞は、SBSドラマ「六龍が飛ぶ」主演のユ・アインだった。「僕が受賞の感想を述べると、大きな騒動になることを自分自身もわかっている。面白いではないか」とし、「台本をもらって台詞を覚えるたびに本当に幸せだった。僕はこうだから俳優なんだなと思った。どうして脚本家の先生はこのような偉大な台詞をくださるのか、どうしてこのような瞬間に僕を追い込めるのか、と地獄のようでもあった」といつものユ・アイン節で会場を沸かせた。

最終更新:6月4日(土)11時10分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。