ここから本文です

<服部半蔵忍者隊>世界へ愛知県をPR セントレアで観光客のおもてなしスタート

まんたんウェブ 6月4日(土)15時55分配信

 忍者のコスチュームで愛知県の魅力をアピールする「徳川家康と服部半蔵忍者隊」が、中部国際空港(セントレア、愛知県常滑市)で4日、観光客のおもてなしやパフォーマンスを行う「NINJA空港プロジェクト」をスタート。この日、旅客ターミナルビル4階のイベントプラザステージでイベントを行った。中心メンバーの服部半蔵は「愛知県とセントレアを大いに盛り上げ、全世界に向け、徳川家康様の天下太平の意志を発信してまいります」と独特の口調で、愛知県を世界へPRすることを誓った。約400人の観客が集まり、忍者隊の英語を織り交ぜたアクロバティックなパフォーマンスに歓声を上げ、拍手を送っていた。

【写真特集】イケメンと話題の信長様も登場! かっこいい忍者パフォーマンスも

 忍者隊は、服部半蔵を含む7人の忍者と、その主君で名古屋の魅力を発信する「名古屋おもてなし武将隊」の徳川家康の計8人で構成。2015年7月に発足し、名古屋城(名古屋市西区)などでパフォーマンスを披露している。

 この日は、愛知県の大村秀章知事も忍者姿で出席し、同プロジェクトのスタートを宣言。忍者隊へ「武将のふるさと、愛知を盛り上げ、世界中に愛知、名古屋を売り込んでいただきたい」と期待を寄せた。「名古屋おもてなし武将隊」の織田信長と豊臣秀吉らが応援隊として駆けつけたほか、中部国際空港の友添雅直社長も出席した。

 忍者隊は同日から、セントレアで土・日曜と祝日に活動を行う。海外からの渡航者が多い時間帯に合わせ、午前8時~同45分に2階到着ロビーの国際線到着口で写真撮影などの“おもてなし”を行うほか、午前9時~同20分にイベントプラザステージで「演武」と呼ばれるパフォーマンスを行う。17年3月末までを予定。

最終更新:6月4日(土)23時51分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。