ここから本文です

<桑田佳祐>被災地に向けた復興祈願メッセージ シングル初回盤に貴重なライブ音源

まんたんウェブ 6月4日(土)17時0分配信

 歌手の桑田佳祐さんが6月29日に発売するソロシングル「ヨシ子さん」の初回限定盤ボーナストラックとして、貴重なライブ音源が収録されることが4日、明らかになった。音源は、桑田さんが東日本大震災の被災地に向けた復興祈願メッセージとして、今年3月に宮城県のJR女川駅からラジオで生放送をした際のライブ演奏で、「風の詩を聴かせて」「明日へのマーチ」「明日晴れるかな」の3曲が収録される。

【写真特集】やっぱりピカソ風?

 桑田さんは、震災以降に宮城県女川町の町民の情報源となってきた臨時災害放送局「女川さいがいFM」が今年3月で閉局することを知り、閉局間近の3月26日に自身のレギュラー番組「桑田佳祐のやさしい夜遊び」をJR女川駅から生放送し、ライブを披露していた。同初回盤にはボーナストラックとして、デビュー記念日にあたる25日放送予定のWOWOWの特別番組「桑田佳祐『偉大なる歌謡曲に感謝~東京の唄~』」のスタジオセッションも収録され、収益の一部は東日本大震災及び平成28年熊本地震における復興支援活動などの資金として寄付される。

 「ヨシ子さん」は、桑田さんにとって約3年ぶりとなるニューシングルで、タイトル曲はWOWOWの開局25周年CMソング。“ピカソ風”イラストのジャケット写真も公開された。初回限定盤は1574円、通常盤は1296円(共に税抜き)で、6月29日に発売される。

最終更新:6月4日(土)23時56分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。