ここから本文です

ヘアヌードあり!?『団地』撮影現場で藤山直美がビックリ

Movie Walker 6月4日(土)11時52分配信

6月4日、藤山直美と阪本順治監督が再びタッグを組んだ最新作『団地』の初日舞台挨拶が有楽町スバル座にて開催。藤山直美、岸部一徳、大楠道代、石橋蓮司、阪本順治監督が登壇した。

【写真を見る】『顔』で数々の賞を受賞した阪本順治監督が、今回も藤山直美とコンビを組んだ

本作は、大阪のとある団地を舞台に、住民たちが繰り広げるおかしな騒動を描くコメディ。『顔』で数々の賞を受賞した阪本順治監督が、同作でもコンビを組んだ藤山直美のためにオリジナルの脚本を執筆。さまざま人生が交錯する団地で暮らすごく平凡な夫婦の普通じゃない日常を映し出す。夫の清治を岸部一徳が演じる。

イベントで藤山は「最初にヘアヌードがあると言われて、えっ!?と思ったんですよ」と衝撃の告白。しかし阪本監督は「いやいや、部屋でヌードルを食べといてください」と言い直したらしく、「このおっさん、何考えてるか分からへん!」と突っ込み。阪本監督は「(以前は自分の作品のことを)藤山さんに『変態テイメント』と言われていました(笑)」と苦笑していた。

ちなみに、本作の主要キャラクター4人は、第1稿の段階から“アテ書き”されている。それについて大楠は「私のどこをどう見てアテ書きされたのか…。監督は、頭がおかしくなったんじゃないかと思いました」と、ぶっちゃけトーク。すると岸部も「密かに僕もそう思っていた」と合いの手を入れ、会場は笑いに包まれた。

そんな本作を制作した理由について阪本監督は「クソみたいな業界に石を投げたくて…。このメンバーを道連れにしました(笑)」とコメント。藤山は「すごく大人の楽しい喜劇やと思う。作品を見て、不思議な夢を見ていただけたらと思います」とアピールした。【取材・文/平井あゆみ】

最終更新:6月4日(土)11時52分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。