ここから本文です

韓国外相 キューバ初訪問へ=関係正常化に弾みか

聯合ニュース 6月4日(土)23時42分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国の外交部は4日、尹炳世(ユン・ビョンセ)長官がカリブ諸国連合(ACS)サミットに出席するため、現地時間の4~5日にかけてキューバを訪問すると明らかにした。韓国の外交部長官が国交のないキューバを訪問するのは初めて。関係正常化を見据えた動きとの見方が出ている。

 外交部によると、同サミットは米国とキューバが関係を正常化した後、キューバで開かれる初めての閣僚級の国際会議となる。韓国はキューバと国交がないが、ACSからの招待を受けて尹長官が訪問することになった。

 尹長官は朴槿恵(パク・クネ)大統領のフランス訪問に同行しているが、現地時間の4日夕(日本時間5日未明)にキューバに到着する予定。同サミットのセッションに出席するほか、ACS事務総長らと面会するという。

 外交部は今回の尹長官のキューバ訪問について、中南米のネットワークづくりを目指す外交の一環で決まったと伝えた上で「各国の首脳や外相とも自然に接触することになるだろう」と説明している。尹長官とキューバ高官との接触の可能性も高そうだ。

 キューバは1949年に韓国を承認したが、1959年のキューバ革命後に断交した。韓国政府は非公式にキューバとの関係改善の努力を続けてきたが、キューバと北朝鮮の緊密な関係のため、慎重な立場を取ってきた。

 ACSは1995年に発足し、カリブ海一帯の25カ国が加盟している。韓国は98年のACS閣僚理事会からオブザーバーとして参加している。

最終更新:6月4日(土)23時42分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。