ここから本文です

パティ・スミス、村上春樹が翻訳したギンズバーグの詩を朗読

BARKS 6月6日(月)11時15分配信

今週末(6月4,5日)東京でスペシャル公演を開く現代音楽の巨匠フィリップ・グラスが、金曜日(3日)、公演に参加する彼の長年の友人パティ・スミス、作曲家・ピアニストの久石譲、ピアニストの滑川真希、ギタリストのレニー・ケイ、パティの娘ジェシー、チベットの音楽家テンジン・チョーギャルと共に記者会見を開いた。

◆パティ・スミス画像

グラスの来日は11年ぶり。初日公演<THE POET SPEAKS ギンズバーグへのオマージュ>は、彼とパティの師であり友人だったビート詩人アレン・ギンズバーグの生誕90周年を記念し開かれる。2人はこれまで限られた特別な場で同様のパフォーマンスを行なっており、高い評価を得てきた。その初の日本公演となる。

グラスの代表曲をバックに、パティがギンズバーグと自身の詩を朗読するほか、パティの弾き語り、グラスのピアノ独奏が行なわれる。また、今回朗読されるギンズバーグとパティの詩は、村上春樹と柴田元幸が新訳を手掛けた。ステージ上のスクリーンにギンズバーグの写真やイラストと共に映し出されるという。パティの娘ジェシーとチョーギャルはオープニング・アクトとして出演。日本では初めてとなる親子共演を果たす。

パティは会見の席で、「フィリップと私、それにレニーは素晴らしい詩人、活動家だったアレン・ギンズバーグと親しくしており、彼の言葉、作品を私たちのエネルギーとフィリップの音楽、そしてムラカミによる素晴らしい翻訳と共にみなさんにお届けできることを嬉しく思っています。エキサイティングな夜になります」と話した。

グラスは、パティがギンズバーグの詩を朗読すると「アレンのようでもあり、彼女のようでもあるのが素晴らしいところなんだ。パティはアレンのマネをしているわけではない。彼女は彼ととても親しかったから…。アレンは僕たちの兄のような存在だった。その友情は今も続いており、こうして東京でみんなが揃い上演できるのがとても嬉しい」と話した。

また、パティはビート・ジェネレーションのアーティスト達との交流について、ギンズバーグに初めて会ったとき「男の子と間違えられたから彼に興味を持ってもらえた」、「私はウィリアム・バロウズのガールフレンドになろうとしたけど、彼からは“僕はボーイフレンドを探している”と言われた」などと話し、笑わせた。

そして、「師であり友人だった」ギンズバーグからは「多くを学んだ」と言い、「彼はたくさんのことに対してものすごいエネルギーと熱意、好奇心を抱いていた。彼は政治的であると同時に、世界や人々のことを気にかけていた。その中で最も美しいと思ったのが、人々への接し方だった。たとえばサイン会を開いて2,000人が訪れたとしても、彼は1人1人と話をし、愛を共有する時間を持った。ダライ・ラマと同じように。だから彼の人道主義にはとてもインスパイアされた。アーティストは作品と同じくらい人々にもエネルギーを注ぐべきだと学んだのは、とても重要なレッスンだった」と語った。

続く2日目の公演<THE COMPLETE ETUDES>では、グラスが90年代から取り組んできたピアノ・エチュード20曲全てが、グラス本人、久石譲、滑川真希によって演奏される。しばらくピアニストとしての活動から離れていたという久石は、「僕のいまの状態は“ロッキー”ですね(笑)。最後にサクセスできるよう頑張ります」と公演への意気込みを語り、グラスの曲を「シンプルに書かれているようだが、全てを包括するような…、何かを押し付けてくるわけでもなく、しかし全てを受け止めてくれる、まるで東洋の哲学のようだ」と称賛した。

スミスは、ケイ、娘ジェシーと共にビルボードライブ東京(6月7日)、ビルボードライブ大阪(9日)で単独公演を開く。

Photo by Yoshie Tominaga

<パティ・スミス Live At Billboard Live>
ビルボードライブ東京:2016年6月7日(火)
1st Stage 開場 13:00 / 開演 14:00  2nd Stage 開場 19:00 / 開演 20:30
ビルボードライブ大阪:2016年6月9日(木)
1st Stage 開場 13:00 / 開演 14:00  2nd Stage 開場 19:00 / 開演 20:30
INFO: www.billboard-live.com
出演
パティ・スミス / Patti Smith (Vocals)
レニー・ケイ / Lenny Kaye (Guitar)
ジェシー・パリス・スミス / Jesse Paris Smith (朗読)
テンジン・チョーギャル / Tenzin Choegyal (Vocals, Guitar)

最終更新:6月6日(月)11時15分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。