ここから本文です

組織に不安、TPPや共闘へ反発も 参院選

宮崎日日新聞 6月4日(土)12時30分配信

 政権与党で現職の総務副大臣としての強みと、初めて共産も加わった非自民勢力の相乗効果-。7月10日投開票の参院選宮崎選挙区(改選数1)に立候補を表明している自民党の松下新平(49)=公明党推薦=と無所属新人の読谷山洋司(52)=民進、社民党推薦=は、それぞれ強力な後ろ盾を得て決戦に臨む。しかし、いずれも盤石な態勢とはいえず、火種を抱えながらの戦いとなりそうだ。

宮崎日日新聞

最終更新:6月4日(土)12時30分

宮崎日日新聞