ここから本文です

水族館で暑さ対策 飼育プールに日よけ設置/富山

チューリップテレビ 6月4日(土)23時45分配信

 例年より10日も早い夏支度です。

 強い日差しから動物たちを守ろうと魚津水族館の飼育プールに、日よけが設置されました。
 日よけは、冷たい海に生息し暑さに弱い生き物たちに富山の夏を少しでも快適に過ごしてもらおうと毎年、設置されています。

 3日は飼育員4人がゴマフアザラシとフンボルトペンギンのプールを順にまわり、すだれや遮光ネットをとりつけました。日よけは直射日光をさえぎり水温や床の温度の上昇を防ぐもので、今年は先月から30度をこえる気温の高い日が続いたことから例年より10日ほど早い設置となりました。ペンギンプールでは、作業中は陰に隠れていた23羽のペンギンたちが早速、ネットの下で涼む姿が見られました。

また、日よけの設置にあわせて、アザラシ一家に変化がありました。
 12月から繁殖抑制のため隔離されていたオスのアザラシ『クウ』がメスの『まちこ』と去年産まれたハルの親子と久しぶりに同居することになったのです。
 アザラシたちは、より快適になったプールで気持ちよさそうに泳ぎながら団らんのひとときを過ごしていました。

チューリップテレビ

最終更新:6月4日(土)23時45分

チューリップテレビ